関東一5年ぶり5回目の春制覇!市川、被安打2の完封で日大三を破る



2安打完封の市川祐(関東一)

 今日は夏至。2日前には夏の大会の組み合わせも決まっている。コロナ禍で2カ月遅れの決勝戦になった。それでも、間が空いたことにより、日大三は左腕の宇山 翼関東一は右腕の市川 祐の両エースが満を持して先発して、ガチンコ対決になった。

 東京の高校球界を代表する好投手の2人。1回はともに三者凡退に抑える快調な立ち上がりで、投手戦が予想された。

 2回裏二死まで1人の走者も出なかったが、突破口を開いたのは、好投している関東一の6番打者・市川だった。初球を叩き中前安打にすると、続く五十嵐奬斗は死球で一、二塁。8番、捕手の石見 陸は、関東大会で頭部に死球を受け心配されたが、戻ってきた。石見は右前安打を放ち市川が還り、関東一は1点を先制。畳み掛ける関東一は、この試合スタメンに抜擢された9番の滝川 柊憂が右前安打を放ち1点を追加した。

 打者一巡は完全に抑えられた日大三だが、4回表二死から3番・井坪 朝陽が左前安打を放ち、初の走者になる。すると4番・山岡 航大、5番・土屋マックス清文の内野ゴロを、関東一にしては珍しく、続けてエラー。二死満塁となる。打席には6番・鎌田 慎也。鎌田は6番打者ながらチャンスに強い。それでもマウンド上の市川は、「エラーはつきもの」と動じない。鎌田も粘ったが3ボール2ストライクからの8球目、内角ギリギリにズバッと決まり三振。日大三は貴重なチャンスを生かすことができなかった。

 この試合の市川は制球がよく、与四死球はゼロ。「真っ直ぐで押すことを意識しました」という投球に威力がった。