日大三・鎌田 9回執念の二塁打で勝ち越し、秋に続き二松学舎大附を下す



勝ち越し二塁打の鎌田慎也

 秋季都大会の準決勝でも投げ合った日大三宇山 翼二松学舎大附秋山 正雲の両左腕が、再び対戦した。

 2人とも好投手だけに、序盤は緊張感のある投げ合いで始まった。先取点を挙げたのは日大三だった。4回表に4番・山岡 航大の中前安打に続き、この試合は5番に起用された土屋マックス清文が左中間を破る二塁打を放ち山岡を還した。土屋も打順は7番ながら打撃もいい安田の中前安打で生還した。

 二松学舎大附の秋山は、「調子は悪くなかったです」と語る。日大三はかつてのように長打を連発するようなチームではないが、少ないチャンスをしっかりと物にできるのが強みだ。7回表も中前安打の1番・星 憂芽を2番・齋藤 広空が犠打で二塁に進め、4番・山岡が詰まった当たりの左前安打で還し1点を追加した。

 日大三の宇山は4回まで二松学舎大附打線を無安打に抑える。5回裏に二松学舎大附の5番・櫻井 虎太郎のセンターへの打球が、太陽光が目に入っての二塁打になったものの、宇山のテンポの良い投球に、守備のいい遊撃手の鎌田 慎也らが好守で応え、二松学舎大附に付け入るスキを与えない。

 しかし8回裏、この回先頭の7番・浅野 雄志がライトオーバーの三塁打を放ち、局面が変わった。続く2人を四球で歩き満塁となり、2番・瀬谷 大夢、勝負強さを買われこの試合は3番になった親富祖 凪人、4番・関 遼輔の連続安打でこの回、一気に4点を入れ、逆転した。

 もっとも、あっさり敗れる日大三ではない。9回表この回先頭の2番・齋藤が左前安打で出塁したのが大きかった。3番・富塚 隼介がしっかり送り、4番・山岡が中前安打で還して同点に追いついた。さらに6番・鎌田はレフトへライナーを打つ。

 「抜けてくれ」という鎌田の思いが通じたのか、打球に飛びついた左翼手は捕球できず、勝ち越しの二塁打になり、山岡も生還し、日大三が一気に逆転した。二松学舎大附の秋山は9回になっても「疲れはありませんでした」と語っており、日大三の勝負への執念が勝った形だ。

 9回追いつかれての逆転負けに二松学舎大附の秋山は、「やはり気持ちの面です。それにストレートの速さというより強さ、変化球の精度を上げていきたいです」と語った。それでも二松学舎大附の市原勝人監督は、「粘り強くやってくれました」と、敗戦にも手応えを感じた。ただ野手のポジショニングなど、修正を加えながら夏に挑むことになる。

 一方勝った日大三の小倉全由監督は、「もう少し点が入らないと」と言いつつも、やはり選手の粘りを称えた。決勝戦は緊急事態宣言の影響で日を置いて行われることになった。ただ土日の連戦になるよりも、双方よりベストのメンバーで試合ができる可能性がある。

 関東一の米澤貴光監督は、小倉監督が関東一の監督だった時代の教え子で、師弟対決になる。「決勝戦でやるのは初めてです」と、小倉監督は感慨深く語る。コロナの状況が落ち着いて、少しでも早く、よりよい状況で試合ができることを望む。

(記事:大島 裕史)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。