この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています

川越ダービーは川越東が制す



伊藤匠海(川越東)

 「勝ちに不思議の勝ちあり」とは言ったものだが、14安打と8安打勝ったのは8安打の高校であった。

 上尾市民球場第二試合は新人戦西部地区ベスト8(天候不順のためベスト8で打ち切り)の川越東と前評判の高かった山村学園に地区予選で勝利し県大会出場を決め勢いに乗る市立川越という市内のライバル同士の一戦となる。

 先発は川越東伊藤 匠海(2年)が復帰登板、市立川越・関盛宏(2年)と両エースが登板し試合が始まる。
 川越東・伊藤は本格派左腕、一方の市立川越・関はややインステップで投球する技巧派左腕である。

 試合は初回から動きを見せる。
 川越東は初回、市立川越・関の立ち上がりを攻め、先頭の種田太一(2年)が四球を選び出塁すると、続く神保直希(2年)がきっちりと送り一死二塁とする。3番・小林舜(2年)がレフト前ヒットを放ち一死一、三塁とチャンスを広げるが、後続が倒れ無得点に終わる。

 一方の市立川越もその裏、川越東・伊藤の立ち上がりを攻め、先頭の畠山敦志(1年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、一死後3番・内田諒一朗(2年)もレフト前ヒットを放ち一死一、二塁とする。だが、後続が倒れ無得点に終わる。

 市立川越は2回裏にも2安打を放ちチャンスを作るが後続が倒れ無得点に終わる。

 先制したのは川越東であった。
 3回表、この回先頭の山中悠生(1年)がセンター前ヒットを放ち出塁すると、続く伊藤がきっちりと送り一死二塁とする。二死後、2番・神保が四球を選び二死一、二塁とチャンスを広げると、続く小林がセンター越えのタイムリー三塁打を放ちまず2点、さらに4番・白水大陸(2年)が四球を選び二死一、三塁とすると、続く渡邊 航大(2年)がライト前タイムリーを放つなどこの回一気に3点を奪う。

 このまま川越東が主導権を握るかと思われたが、一発で流れが変わる。
 4回裏、市立川越は一死から7番・村田一生(2年)が三塁線を破る二塁打を放ち出塁すると、二死後9番・田島翔大(1年)がレフトスタンドへ2ラン本塁打を放ち1点差とする。

 川越東も5回表、この回先頭の神保がレフト前ヒットを放ち出塁すると、すぐさま二盗を決める。続く小林も四球を選び無死一、二塁とチャンスを広げると、4番・白水がきっちりと送り一死二、三塁とする。さらに、続く渡邉が四球を選び一死満塁とすると、代打・大野弘高(2年)の内野ゴロの間に1点を追加し4対2とする。

 だが、勢いに乗る市立川越は5回裏にもこの回先頭の当麻雄大(2年)がライト前ヒットを放ち出塁すると、続く内田がきっちりと送り一死二塁とする。さらにその際三塁ベースが空いており一走・当麻が一気に三塁を奪い一死三塁とする。さらに4番・関が四球を選び一死一、三塁とチャンスを広げると、続く浅井祐輝(2年)がセーフティースクイズを決めまず1点、6番・西村光貴(1年)もレフト前タイムリーを放ち4対4の同点とし川越東・伊藤をマウンドから引きずり降ろす。

この試合のプレー写真は、記事の最終ページの下部に表示されています