2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

 大分県高野連は22日、秋季大会の組み合わせを発表した。

 今年春、夏に続き、来年センバツの甲子園も狙う明豊は、シード校として2回戦から登場。大分国際情報と大分雄城台の勝者と対戦することが決まった。

 もうひとつのブロックには今夏準優勝の大分舞鶴が入り、宇佐別府翔青の勝者と2回戦で対戦する。初戦で臼杵VS津久見日田林工VS情報科学大分工VS大分鶴崎佐伯鶴城VS日本文理大附など、好カードが組まれた。

 大会は9日開幕。準決勝が23日で決勝・3位決定戦が25日となっている。

■大会の詳細・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 大分大会

■10月9日の試合

第149回 九州地区高等学校野球大会 大分県予選

第149回 九州地区高等学校野球大会 大分県予選
1回戦 別府翔青 16  -  5    宇佐 臼杵市民球場 応援メッセージ
大分南    4  -  3    楊志館 臼杵市民球場 応援メッセージ
臼杵 10  -  3    津久見 臼杵市民球場 応援メッセージ
大分雄城台    4  -  1    大分国際情報 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ
杵築    7  -  0    鶴崎工 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ
大分豊府    4  -  3    中津南 別大興産スタジアム(新大分球場) 応援メッセージ

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】