目次

[1]出場校唯一のスーパーエース擁する明桜が優勝候補として推せる理由
[2]継投策を躊躇なく行う東海大菅生 機動力・破壊力を秘めた打線は脅威
[3]横浜野球復活 総合力が高い横浜も脅威

 甲子園出場49校が決まった。夏になると、大会前には、圧倒的に優勝候補だと思わせる学校が出てくる。10年の興南、12年の大阪桐蔭、15年の東海大相模、18年の大阪桐蔭、19年の星稜。ただ今年は優勝候補筆頭と呼べるチームがいない。ただ、上手く噛み合えば、優勝候補になるチームが10校ある。そんな学校と理由を紹介したい。後編では5校を紹介したい。

前編はこちらから!
今年の甲子園で全国制覇を狙える10校は?優勝候補筆頭がいない理由と大会予想を徹底展望 【前編】

出場校唯一のスーパーエース擁する明桜が優勝候補として推せる理由


 今大会、ドラフト候補と呼べる好投手は多い。その中で目玉投手に挙がるのが風間 球打だ。最速157キロの速球、フォーク、スライダーを操る剛腕投手。マウンドに挙がれば、SNSでもトレンドワードになりそうなぐらい迫力がある。

 今は1人の投手だけで勝ち上がれない時代だが、最速143キロ右腕・石田 一斗も伸びてきたのが大きい。秋田大会では風間が投げずに、勝利した試合が2試合もある。これは非常に大きく、甲子園でも風間が投げずに勝てる試合があれば、全国制覇の確率が高まる。打線は、石田一、真柴 育夢といった好打者で得点を重ね、守備は石田 恋、石田一の兄弟二遊間は堅く、風間を支えている。

 組み合わせ、対戦相手にもよるが、1回戦で投げて、2回戦で投げずに3回戦を迎えたとすれば、1週間以上明けて投げることができる。それができるようになれば、負担はかなり軽減する。明桜はどの日に登場するかもポイントになりそうだ。

継投策を躊躇なく行う東海大菅生 機動力・破壊力を秘めた打線は脅威



本田峻也

 選抜ベスト8の東海大菅生も十分に優勝を狙える。若林監督は昨秋から「甲子園に行くのではなく、甲子園で優勝するために練習をしてきた」と甲子園出場は一つの通過点として捉えていたのだ。

 東海大菅生の投手起用で特徴的なのは良い意味で投手を信用しない。ドライなように見えて、合理的なところだ。140キロ前後の速球と切れ味鋭いスライダーを投げ込む左腕エース・本田 峻也について、「完投はあまりしたことがないですし、この暑さじゃ9回まで持たない」と完投をさせず、躊躇なく継投策を行う。

 この春から急成長し、若林監督の信頼も厚い左の技巧派・櫻井 海理、センバツではリリーフとして好投した左腕の松永 大輝、クローザーとして140キロを超える速球でねじ伏せる右腕・千田 光一郎。代打の切り札として活躍し、西東京大会でも投手としても活躍を見せた多井 耶雲も控える。なお期待の大型右腕・鈴木 泰成は肘の違和感からベンチから外れる見込みだが、それでも大きく戦力ダウンすることなく戦えそうだ。

 打線は千田、福原 聖矢の1、2番コンビは長打力、足も使え、3番・堀町 沖永、4番・小池 祐吏、スラッガータイプの岩井 大和は強力で、さらに機動力も使えて戦術の幅も広い。控えには盗塁ができて、声掛けがうまいショート・岩田 一真、センバツで本塁打を放った鈴木 悠平も控えており、選手層が厚い。

 十分に上位を狙える戦力だ。