9月17日までにプロ志望を提出したのは124名。今回はここまでの提出者の中から、春夏連続で甲子園出場している選手を紹介したい。


木村 大成北海
大津 綾也北海
髙木 翔斗県立岐阜商
前川 誠太敦賀気比
前川 右京智辯学園
中川 勇斗京都国際
池田 陵真大阪桐蔭
松浦 慶斗大阪桐蔭
花田 侑樹広島新庄
代木 大和明徳義塾
西原 太一宮崎商
京本 眞明豊

 木村はこの夏、最速150キロをマークし、夏の甲子園では平均球速140キロ超えとパワーアップした投球を見せた。スライダーの切れ味も鋭く、まさに超高校級の左腕だ。そしてリードする大津も、木村の投球を見るたびに、良い捕手と思った方も多いのではないだろうか。夏の甲子園ではスローイングタイム1.83をマーク。さらにキャッチングの良さも高く評価されており、スカウト受けも良さそうだ。

 髙木 翔斗は夏の甲子園では無安打に終わったが、岐阜大会で3本塁打をマーク。攻守両面で成長が感じられる。

 そして前川 誠太も選抜、夏の甲子園で攻守で安定したパフォーマンスを見せる北信越地区を代表する遊撃手だ。敦賀気比出身の遊撃手でプロ入りとなれば、2018年の黒田 響生以来となる。

 前川 右京は甲子園で2本塁打。選抜時の不調を乗り越え、勝負強い打撃で準優勝に貢献した。今年の高校生を代表する左打者として注目が集まり、さらに元投手ということもあって、スローイング能力も決して低くない。

 また中川 勇斗は今年の夏の甲子園で大きく評価を上げた好捕手。2試合連続本塁打に、投手陣の持ち味を引き出す好リード、正確なスローイングと持ち味を十分に発揮して、創部初の甲子園ベスト4の大きな原動力となった。

 池田 陵真は大阪大会では、26打数17安打、2本塁打、14打点、打率.654と圧巻の数字を残した。甲子園では奮わなかったが、昨秋からこの夏までのパフォーマンスや勝負強さ、打撃技術の高さはこの世代の中で群を抜いていた。
 そして同じ大阪桐蔭の松浦 慶斗は、この夏に最速148キロをマーク。甲子園では、雨天での投球となったが、ここぞという場面で投げ込む速球は威力抜群だった。

 その他にも、花田 侑樹は春夏の甲子園で安定した投球を見せてくれた大型右腕で、緩急の使い分けが非常に上手いクレバーな投手。代木 大和も甲子園3試合で好投を見せた技巧派左腕で、打者としても2本塁打を放つなど活躍。果たしてプロはどちらで評価するのか、気になるところだ。
 西原も春の九州大会で3本塁打を記録し、京本は大分大会決勝で完封勝利。甲子園では146キロをマークするなど実に力強い速球を見せてくれた。プロのスカウトが好む縦の角度で勝負できる大型右腕で、体作りがうまくいけば、数年後には150キロ前後の速球を投げていてもおかしくない。

 こうしてみると、多くの選手が成長しているのが分かる。特に北海の木村は上位指名されてもおかしくない投手で、松浦も選抜では悔しい投球に終わったが、夏の大阪大会での力強い投球を見せて、評価を高めた。いずれにしても吉報が届くことを期待したい。

(記事=河嶋 宗一